岡山県の公立・私立高校/県立・国立・私立中学受験情報サイトライジング

なぜ中学受験をするのか〜中学受験のメリットデメリット〜

なぜ中学受験をするのか

受験を考えられている方必見!
なんとなく、受験しようかな、と考えていらっしゃる方も多いでしょう。

 

まずは、受験のメリット・デメリットについて考えていきましょう。

 

メリット

@受験に向けて必死で勉強するので、勉強するのが当たり前になる。
 学校の勉強に加えて、塾で勉強したり、家庭で対策問題集を解いたりしないと、なかなか合格できません。

 

A小学校の学習内容を越えたことを勉強するので、中学に入る時点でかなりの学力がついている。
 小学校の学習内容をはるかに超えた問題が出題されます。

 

Bなにより合格できれば、良い環境で勉強でき、将来の選択肢の幅が広がる
 中高一貫の場合、6年間で学習計画が作られているので、公立に比べ、無駄のない、継続的な学習ができます。
 また、中高一貫だと、高校入試がないので、中学3年生でも、余裕のある生活を送ることができます。
 大学卒業でないと就けない職がたくさんあります。就職活動で、学歴で門前払いにあうこともあります。

 

C落ちてしまったとしても、勉強をしていない子よりは、勉強ができるようになっている。
 公立中学でがんばれば、普通科へ行けるくらいの学力はついています。

 

デメリット

@塾代、参考書代などお金がかかる。塾に行けば年間30万くらいは必要。
 塾は授業料に加えて、教材費、夏期講習会費など、費用がかさみます。

 

A勉強に時間を費やさなければならず、のびのびと遊ぶ時間が減る
 友達は遊んでいるのに、自分は勉強しなければならないなんて・・・、と勉強が嫌になる子もいます。

 

B落ちてしまうとショックを受け、子どもの精神面に影響がある。
 挫折経験として乗り越えることができればいいのですが、稀に、乗り越えられない子もいます。

 

 

いかがでしょうか。

 

なぜ中学受験をするのか

 

子供の将来のため?
親の見栄のため?
子供が受験したいと言ったから?
まわりがそうするから?
まず、なぜするのか目的を考えて下さい。
正直、まわりに流されてだとか、親が無理矢理だとかいう理由で受験して受かった子は聞きません。
やはり、将来の夢に近づくため、だとかどうしても入学したいだとか、はっきりとした意志を持っている子が受かります。
もし意志もなく受験するなら、金の無駄、時間の浪費、そして親は勉強しないわが子を見てイライラします。
今すぐやめて、残りすくない小学校生活の思い出を作った方がいいのではないでしょうか。
何もしなくても、地元の公立中学に入れますし・・・・。

 

厳しいことをいうなあ、と思われたかも知れませんが、これが、教育業界の本音です。

 

 

さらに厳しいことを書きます。

 

「合格の可能性が低い子」

 

自主的に勉強しない子
字がひどく汚い子
ケアレスミスが多い子
教師のアドバイスを受け入れない子
志望動機が他人本位な子
著しく苦手な科目がある子/模試等で平均点が取れない子(国語算数理科)

 

 

上記にあてはまる子は、受験をしても、合格は難しいでしょう。
そして保護者もイライラしてしまい、あまりいいことにはならないでしょう。
お子さんには勉強よりも向いていることがあるのではないでしょうか。
勉強を無理強いするより、他の才能を見つけて伸ばしてあげてはいかがでしょうか。
勉強は苦手だけどピアノが上手、剣道が強いなど、実際にそういうお子さんはたくさんいます。
お子さんの才能を伸ばすきっかけを与えることができるのは、親だけです。

 

★★★★

 

脅しのようなことを書いてしまいましたが、覚悟はできましたでしょうか?^^
これを読んでも、「それでも受験したいんだ!」と思われたら、大丈夫です。

 


絶対に後悔しない中学入試の受け方

 


中学受験勉強 和田秀樹が教える 中学受験 親のバイブル

 


<中学受験>子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

 


サクラサク中学受験勉強法

 


将来、東大や京大も自然に視野に入ってくる!京大卒カリスマ家庭教師監修 本格的に勉強を始める前にあなたのお子さんを勉強ができる子にしてしまう方法

 

 
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ホーム RSS購読 サイトマップ